ママになってからの『キレイ』を考える女のブログ。

ゆるいダイエットの記録と、子どものことがメインです

産後に保育士復帰して思ったこと

 

こんにちは。ぽよです。

 

わたしは子どもが2歳手前頃に保育士として働き始めました。

産休育休などは取得せず新しい環境で、パート保育士として働いています。

 

働き始めてもう1年半ぐらいになります。

 

久しぶりの社会復帰で不安な点も多々ありました。

 

特に不安だった点はこれ ↓

・保育士としてのブランクもかなりある

・育児と両立できるか

・自分の子どもを預けて他の人の子どもをみるということへの葛藤

 

一歩踏み出すまでにかなり悩みました。

 

結果としては、また保育士として働くことができてよかったなと感じています^^

 

f:id:poyomama:20190526225026j:plain

 

過去に保育士をしていて、子どもが生まれて少し経ち、また保育士をしようかなと迷っている方の参考になればと思います。

 

 

 

 1、まず、社会との繋がりが持てて嬉しい

旦那と子どもとしか関わらない日も多く、今思えば自分の世界が狭くて母であることにしか自分の存在価値を見出せなくなっていました。

 

もちろん忙しくなって大変さもあるし、新しい環境に飛び込む勇気もいりますが、職場で他の保育士や保護者の方、子どもたちと関わることで、母ではない一個人としての自分の存在意義を見出せるようになりました!←ちょっと病んでいたのかも(笑)

 

2、育児で得た経験が活かせる

これはすごく良かった点であり、育児の経験をさせてくれた娘にも感謝しなくてはならないと感じています(^.^)

 

子どもが生まれる前より、ぐんと保護者の方の気持ちに寄り添えるようになりました。

 

それわかる!!と共感できることもたくさんあったり、わたしはその時はこうしましたよ、という体験談も話せることで、相談を受けた時も対応しやすくなりました。

 

何より、子どもたちに対して、発達段階を理解してその時期その時期にあった言葉掛けや対応をしてあげられるようになったかなと思います。

うちの子もこんな時期あったな〜と懐かしく感じたり、うちの子もこんな行動してたな〜と思ったり^^

 

穏やかな気持ちで見られて、受け持つ子どもたちもすごく可愛く感じられました。

 

わたしの場合乳児クラスの担任になったのでそうでしたが、反対に我が子より上の年齢の担任になる場合は仕事で学んだことを自分の育児に活かせるだろうし、改めて保育士って素晴らしい仕事だと思いました。

 

3、最初は葛藤もあったけど利点が上回ってると感じた

最初は、これで本当にいいのか、矛盾を感じたり葛藤しました。

最初の1ヶ月ぐらいは、朝に泣く娘を見てわたしもこっそり泣きました(笑)

 

でも自分がしっかりしなくてはと、考え改めて『良い事の方がいっぱいある』と言い聞かせました。

 

ただ自分の仕事が保育士というだけであって、他のお母さんたちと同じで、子どもを預けて仕事をしているということに変わりはない事。

 

親や身内以外にも信じられる大人と出会ったり、お友だちと関わる中で良いことも嫌なことも体験できたり、母のいないところでいろんな事を経験して少しずつ自立していく事。

 

母が楽しく仕事ができる事で、心にも余裕ができたり、子どもと一緒に居られる時間を前より大切にするようになった事。

 

もちろん金銭的に余裕もできる事も。

 

最初は辛かったですが時間が解決してくれます!

自分自身も子どもも成長させてくれます。

 

 

そして、一緒に頑張ってくれてありがとう。と娘に感謝するようになりました☆

 

 4、大変だと感じる点について

これは園や雇用形態などのよって様々だと思いますが、持ち帰りで仕事をしなければならないかどうかは、しんどさに大きく関わってくると思います。

 

保育士という仕事柄で、正社員雇用やフルタイムの場合は、あるかもしれないので確認したほうが良いと思います。

 

わたしのは最初はフルタイムで働いていたので持ち帰りもなかなかありました(^^;;

だんだんしんどくなってきて今年度からは働き方を少し変え、持ち帰りの仕事もなくなって、自分の時間を持てたり心にもぐっとゆとりができました。

 

色んな園があると思うので、最初に確認しておくことが大事だと思います♪

 

もちろん仕事なので大変さがゼロというわけにはいきませんが、こんなに笑ったり楽しかったり感動したりできる職業は数少ないのではないかと思います。

 

保育士復帰を考えている方がいれば、その後押しになればいいなと思います^^