ママになってからの『キレイ』を考える女のブログ。

ゆるいダイエットの記録と、子どものことがメインです

1歳半で始めたゆるいトイトレの記録⓺ 体調不良からオマル拒否に。その解決策。

 

こんにちは。ぽよです。

 

ゆっくりペースながらも順調にいっていたトイトレでしたが、娘が体調不良で熱が出ました。

初めての高熱でぐったりしてよく寝る娘にパンツにしたり定期的にトイレへ誘うことはよくないのではと考えて、高熱&発疹で機嫌が悪かった期間(約1週間)パンツとオマルへの誘いかけをやめました。

 

やっと体調が戻って、さあ!と思ったのはわたしだけ(笑)

 

娘はすっかりオマルが嫌になっていました、、、振り出しに戻った気分でした(笑)

 

www.mamaninatte.work

 

またか!と思ってしまいましたが試行錯誤。

なんとか再び調子が戻って成功するようになってきたので、やってみたことを書こうと思います。

 

 

まずは前と同じようにやってみた

これはあまり成功しなかったんです。

最初の頃、まだオマルに慣れていない時のようにお気に入りのお人形を使って誘いかけしてみましたが、それでも嫌だと拒否。

なんならオマルどころかオムツ交換すらも嫌というぐらいの状態でしたσ(^_^;)

 

一度始めたらやめてはいけないっていうやつですね、、、

でも体調不良だったので仕方ないことで、後悔はしていませんが、何か早めに手を打たないとオムツですることに慣れきってしまってはまずいと感じました。

 

何か「きっかけ」が必要だと思った

朝一以前のようにリビングへ入る前にオマルのところへ行っても、ズボンを脱がすことすらも嫌がってさっと走っていく娘。

このままではよくない、早めに手を打たないと、と感じたわたし。

 

何か変化をつけて再度娘が興味を持ってくれるようにしたいと思い、こちらを購入。

 

取っ手を握れるので安定感があるし本人も安心できるんじゃないかと思い、こちらにしました( ^ω^ )

 

そこに「こどもチャレンジぷち」の付録のトイレちゃんのお顔シールをセット! 

f:id:poyomama:20190920231200j:plain

これでどうだとワクワクしながら夜にセットして、朝一番にトイレを開けてもらいました。

 

っぱあああああーーーー*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

こんな感じの反応が見れました!(笑)

 

それだけでも嬉しかったですが、予想通り座りたいと言ってくれました(*^o^*)

 

 

もう1つしたこと。

それはパンツの追加です。

 

パンツは本人の履きたい!大事!という気持ちを引き出すために好きなキャラクターや柄のものにするのがオススメです^^

そう聞いたことはありましたが、その重要性を身を持って体感しています。

 

今の時期特有のものかもしれませんが、自分でパンツを選びたがるんです。

 

「自分の好きなパンツを選んで履く」という満足感が味わえるのか、毎日自らパンツを指定して伝えてくれます(笑)

 

元からパンツ足りないなと感じていたので、このタイミングで新しいものを2枚追加してみました(^.^)

選ぶ楽しみが増しただけでなく、洗濯中だと伝えたら前日自分がおもらしした時のことをたどたどしい言葉で話してくれるようになりました。

 

娘の様子に変化が

 補助便座を導入して3日ほどは絶対出ないだろ、という時ですらトイレをガチャっと開けていたほど興味津々で、気に入ってくれたようです。

またトイレの方へ足が向くようにはなりました。

 

オムツやパンツを脱がそうとするだけで嫌がっていたのに、感動(T_T)

 

ただ、補助便座はまだ少し大きくて慣れていないこともあってか、いきなり座ったら出るようになったというわけではなかったです。

つまり、おもらしの頻発(笑)

 

またトイトレスタート時の振り出しに戻された気分で少しズーンとなってしまいましたが、「この子のトイレトレーニングだからこの子のペースに合わせないと意味がない!」と覚悟を決めて、とりあえず最初の頃のように、おもらしの経験から排尿していることを感じるという段階から再スタート!!

 

座ることやパンツを嫌がる時は無理にさせず、少しずつトイレに行く回数やパンツの時間を延ばしていくようにしました。

 

今、何でも自分で意思決定したいこの時期の特徴を活かすべく、補助便座かオマルどっちに座るかを尋ねて選んでもらうとさらにスムーズに座ってくれるようになり、成功率も上がってきました。

(今の所まだオマルの方が座る率も成功率も高いです)

 

他にも、誘いかけに対して「ない!」と言った時は譲歩して待つようにしました。

その代わり、「じゃあご飯食べ終わったら行こうね」など事前に伝えておき、もう一回行くようにし、漏れてしまっていたら「ちっち出ちゃったらママに教えてね」と伝えていく。

とにかくもうその繰り返しですね(^^)/

 

再び順調なトイトレに戻ってきました

体調不良になった日からもうすぐ1ヶ月ほどたとうとしていますが、だいぶトイトレは順調に進められるようになりました。

体調を崩す前の段階ぐらいに戻りつつあると感じます。

オマルやトイレに嫌がらずに座れることも増えてきたし、おもらしはまだ多いですが、もらしたら「ちっち!」とまた教えてくれるようになりました。

 

おもらしはまだまだ多いですが(笑)

 

さらには、断固拒否だったうんちも2度トイレで成功しました!

 

www.mamaninatte.work

 

そして心なしか排泄の間隔もあいてきたように感じます。

飲み物を飲みすぎたらあまり間が空かずに出てしまうこともありますが、2、3時間もつことも出てきたり、身体の機能も少しずつ成長しているみたいです^^

 

まとめ(母のキモチ)

どうなることかと思いましたがどうにかなりました。

育児ってそういうことが多いなとつくづく感じます(*^^*)

 

また振り出しに戻ったのかと絶望しかけましたが、わたしがそんな気持ちではダメだと気持ちを切り替え、「前のことは忘れる!」「この子のペースに合わせて繰り返していくことが大切なんだ。ゆるくトイトレをやっていこうと決めたんだから焦る必要はない。」と言い聞かせました^^

 

おもらしのパンツはまた増えましたが、この積み重ねで前進していく必要なことだと思うとわたし自身も意味のあることだと思って頑張れました。

いや、現在進行形なんですけどね、(笑)

 

そしてやっぱりこちらの気持ちの持ちようが子どもに与える影響というのもすごく感じました。

なんとなくですが「まあまた振り出しで同じことの繰り返しでもいいから、この子のペースに合わせてゆったりやっていこう」と思えてからすっと気持ちが楽になり、子ども自身もオマルやトイレに座るようになってきたのかなと感じます。

 

 

もう1つ今回思ったことは、「習慣」というものの大きさです。

 習慣になるまでは時間がかかるのに結構簡単に崩れてしまう。

まだまだ習慣と呼べるレベルまでいってなかったからかもしれませんし、イヤイヤ期というややこしい時期という要因もあると思います。

 

残念がっても仕方がないのであまり深く考えずまたゆるいトイトレということで習慣になるまで積み重ねていこうと思います。

 

おもらしが多くてもオムツと違ってすぐ履き替えるので、おまたが赤くなったりかぶれたりということは一切なくなったし、手洗いするのだって布おむつみたいなもんだ!と、しんどくなった時は言い聞かせて(半分開き直って)います(笑)

 

育児において「まあいいや」はすごく大事!

 

おもらしは失敗じゃなくて、必要な経験だから「まあいいや」

そう思うだけで少し楽になれるかな、なんて思います^^