ママになってからの『キレイ』を考える女のブログ。

ゆるいダイエットの記録と、子どものことがメインです

1歳半で始めたゆるいトイトレの記録⓹ 隠れてする派の我が子はやはりオマルでうんちができない

 

こんにちは。ぽよです。

 

こんなタイトルにしましたが、そんな簡単にオマルでうんちができなくて当たり前だと思っています^^

 

ゆるいトイトレはもうすぐ2ヶ月になろうとしています。

 

娘ちゃん(1歳7ヶ月)のトイトレの進み具合はというと、、

・1日の半分ぐらいはオマルでできる

・オムツやパンツにおしっこが出た時は高確率で「ちっち」と言って教えてくれる

・まだ事前報告はできない

・パンツやズボンの着脱を自分でしてみようとすることが増えた

・うんちは必ず一人で隠れてしたいようで、パンツかオムツに

 

この最後の項目について、今日は書きたいと思います^^

 

 元からうんちをするときはこうというパターンのある子だった

うちの娘ちゃんは便がかためで気張る時間が必要なため、うんちの時はわたしから離れていき1人で部屋の隅などで用をたすタイプの子でした(笑)

こういう子って意外と多いですよね?

わたしが過去に保育士をしていた時も、こういうタイプの子はクラスに何人かいました(笑)

そしてこれもその子と同じなんですが、うちの子もオマルでできるようになるのはもうちょっと後になりそうです(・・;)

 

いつも急にわたしの前から走り去っていき、こちらの様子を確認するので「あ、今からするんだな」というのはわかりやすいんです。かわいい(笑)

それで2度ほどそのタイミングですかさずオマルに誘ってみたんですが、泣いて怒ってわたしを押してあっちに行けと、、、^^;;

 

するときのスタイル、こだわりなんでしょうね。

 

本人のペースに合わせようと思います

ゆっくり1人でリラックスして用を足したい気持ちは、、わかります、子どもも大人と一緒なのかな(笑)

とりあえず急いだり無理に進めても逆効果なので、しばらくうんちは別枠として容認していこうと思っています(^.^)

 

おしっこのトイトレが完了してからうんちもできるようになったという子もいましたし、ある時から急に嫌がらずに座れた子もいます。

調べてみるとおしっことうんちのトイトレ完了時期は結構時差があったという話も目にしました。

 

 うちはオマルなので足がつきますが、トイレでトイトレしている場合はしっかり踏ん張れるように踏み台も必要になってきますね。

場所をとるので折りたたみできるものだと助かりますね。

我が家もトイトレがほぼ完了したら外出先での練習の意味も含めてオマルを卒業してトイレでするようにしたいと思っているので、ゆくゆくは必要だなと感じています。

 

食事もそうですが、足がしっかり下についているかどうかは大事です。

大人でも足がつかない状態だと落ち着かないのは同じですよね^^

 

 

ひとまず、

「まだオマルでうんちは難しいということをママが理解した上で、パンツで出た時には気持ち悪いからオマルでしようということは伝えていく。」

 

正直言ってパンツを洗ったり脱がせたり処理がすごく大変!!すごく!(T . T)

たまに脱がせるのに失敗して娘の足についてしまう(笑)

でも、それでいいのかなと思います(^^)

きっと娘自身も気持ち悪さは感じているはず。その経験を重ねていって、「パンツにするの嫌だな」と感じるようになってくれたらいいのかなと思います。

 

遊びの中でイメージを持てるようにしてみる

あと、イメージしやすいようにごっこ遊びの中で取り入れるのも大事かなと思いました。

今なんてまだ言葉の理解が未熟なので、特に。

 

こんな風に石ころ(娘が公園で拾いました)を便に見立ててしまじろうなどお気に入りのお人形さんを座らせて「うんち出たよ〜」という風にごっこ遊びに取り入れています(笑)

 ( ↓ こどもチャレンジぷちの付録のトイレちゃんです^^)

f:id:poyomama:20190812213438j:plain

こんなことしてる母いるのかな、、、恥(笑)

 

でもちょうど模倣遊びも上手になってきた時期なので1人で遊んでいるときにもこのトイレごっこをして遊んでくれていました。

そういう意味ではこういうものなんだというイメージのしやすさには繋がったかな、なんて思っています(*^^*)

 

トイレちゃんが我が家のトイトレでは大活躍です(*^o^*)

www.mamaninatte.work

 

 

是非真似してくださいとは言えませんが、ご参考になれば幸いです^^

 

ゆるいトイトレなので、少しママの忍耐力は必要ですが、焦らずお互いに無理することなく進めていきたいと思います。