ママになってからの『キレイ』を考える女のブログ。

ゆるいダイエットの記録と、子どものことがメインです

子どもが一歳になってからのゆるいダイエット。隙間時間に頑張ることが大事!

 

こんにちわ。ぽよです。

 

スタートダッシュの遅すぎる産後ダイエット。もはや産後ではない?(笑)

 

子どもも一歳になり歩き始めてかなり活発になっていました。

そんな中でゆるいダイエットをしようと決意したわたし。

 

気持ちの持続もですが、もう1つ時間をどう作るかがポイントでした。

 

なーーーんと言っても時間がない!!!

バタバタして1日が終わり、休みなしのフル稼働。

 

 

そんな中でわたしはこんな風に時間を見出してちょいトレしていました(^-^)/

誰にでも当てはまるわけではないかもしれませんが、参考やヒントになれば幸いです。

 

 

・子どもと一緒にゴロゴロしている時間

子どもと一緒に遊んであげる時間って、情緒面においても発達面においても大切ですよね。

 

1歳のうちの子もすでにおままごとで簡単なやり取り遊びができるようになっていたので、一緒に遊んであげないとな〜と思うようになっていました。

 

でもそれだけでなく、一人遊びをそばで見守ってあげるということも大切なことです。

その時にただ隣でぼーっと座っているだけでなく時間を有効活用( ´ ▽ ` )ノ

 

簡単なストレッチなどは子どもの側で様子を見ながらでも十分できます☆

 

・洗い物や歯磨きなど短いながら立ちっぱなしの時間

子育てしていると本当に動きっぱなしですが、歯磨きや洗い物をしているときは少しの時間ですが立ったままですよね。

 

短いといえどこの時間も大事に使いましょう♪( ´▽`)

 

内太ももをくっつけるイメージでぐっと力を入れて、腰が反っていないか骨盤の傾きを意識して立つ。それだけでも毎日続けている内に骨盤の傾きを正すのが上手になりますよ。

 

・お風呂タイムに足をモミモミ

これも毎日できることです!

湯船に浸かっているときに、むくみやすいふくらはぎを中心に揉む。

体を洗ったり脱衣所ではバタバタしていてこちらも必死ですが、湯船に浸かっている間は、束の間の少し(本当に少しだけ)ゆっくりできる時間じゃないでしょうか?^^

 

揉みほぐして血流も良くなり、ただお風呂に浸かっているより温まるし、1日のむくみ改善には最適の時間です。

 

f:id:poyomama:20190203134231j:plain

 

わたしはボデイクリームを塗る時にも、たまった血流を流すべく足を下から上に撫でたり、ふくらはぎを雑巾絞りのようにしてマッサージしています。

これが結構気持ちいいp(^_^)q

 

 

・食事中など椅子に座っているときは背筋をまっすぐ

姿勢は美しい体型とは切っても切り離せないほどのものだと思います。

わたしはもともと猫背気味だったので慣れるまで少し時間がかかりましたが、これも慣れです!(未だに姿勢が良いとは言えない状態ですが)

 

椅子に座る時も骨盤を立てるイメージで背中をまっすぐ!

整体の先生に教えてもらったのですが、両側のお尻のところにある骨がちゃんと椅子についているか意識し、その真上に体と頭が来るという感覚で座ると上手に座りやすいそうです(^-^)/

 

相乗効果で、姿勢を意識しながら子どもの食事介助もしているので、ある意味忙しくて、自分の器に盛る量がやや減りました(笑)

 

・ひとりごと★

育児してると時間が24時間では足りないですよね?(笑)

毎日時間がないって感じているような気がしますが、これも子どもの成長とともに落ち着いてくるものだと信じたいです。

 

でもわたしは約1年時間がないことを言い訳にダイエットをしてきませんでした。

時間がないのは本当ですが、妊娠中プラス1年放置したら驚くほど体型が変わってしまいました(笑)

 

だから少しの時間でも毎日続けることで必ず意味はあると信じて頑張っています^^

少しずつ効果も見えているのでその経過はまた別記事で書いていこうと思います。

 

頑張りましょう!^^